自己破産

▼HOME | ▼プライバシーポリシー | ▼特商法上の表記


自己破産はまだ早い

あなたの知らない世界

金貸し業者は知っています。
どうすれば借金を踏み倒されるかを・・・

だから、あなたには、いつも正しい情報が入ってきません。

何故ならその方法を知ってしまえば、明日からあなたは自分の借金を大幅に軽減できてしまうからです。

金貸し業者のビジネスモデルを打ち崩してしまうのです。

もしその方法を知ってしまえば、あなたの借金はおそらく早い段階で「減少する」でしょう、

もしくは「0になる」事もあるでしょう。

さらに、信じられないかもしれませんが、場合によっては「収益を生む」事もあるのです。

また、それらを実践するには、高いお金を払って弁護士や司法書士を雇わずに、自らの力を使って解決する事も出来るのです。

ご存知でしたか?
極端な話をさせて頂ければ、場合によっては、たった1通の手紙で、借金地獄から解放される日がやってくるのです。

さらにいうなれば、それは合法です。
あなたは、国に守られた状態で、それを実行できるのです。

信じられないですか?

まだ、この段階では仕方ありません。

今日は、あなたにとって興味深いお話をお伝えいたしましょう。
あなたはきっと、お忙しいと思います。
なので、今回は借金を減らせるヒントを手短にご紹介差し上げます。

まずはクイズです。

「借金返済」
「借金減少」
「借金ゼロ」
「借金地獄からの脱出」
「借金消滅」

などなど、どれもこれも、借金で悩む人に対してはたまらなく魅力的な言葉です。

「悩みの種である借金を、効率的に解決する」
あなたが求めている答えは書籍やインターネットにありましたか?
単刀直入にお聞かせ下さい。

もうすでに、ここまでこの手紙をお読み頂いているあなただからこそ是非、答えて頂きたい質問があります。
借金を激減させる方法のファーストステップです。

自己破産について

Q.「借金を減らす方法を最も知っているのはこの中で誰でしょう?」

1.弁護士 2.司法書士 3.各地方自治体に配置された相談員 4.貸し手側 5.完済経験保有者 6.裁判官 7.警察

良くお考えになって下さい。如何でしょうか?
大体、イメージできましたか?
では、一つ一つ答えを合わせてゆきましょう。

回答1

各地方自治体に配置された相談員と回答されたかた。

もしかしたら、過去に素晴らしい知識と経験をもった相談員に出会われたのかもしれませんね。

しかし、平均的な現実を申し上げれば現在、各自治体に設置された相談員は、多重債務に関する知識という点ではかなり劣っているように思います。

しかし、これは仕方ありません。

彼らには、裏側まで踏み込む権限がないからです。

よって答えはハズレです

回答2

裁判官、もしくは警察と答えた方。
残念ながらはずれです。

もちろん、裁判官であれば過去に借金返済にまつわる訴訟があったり、債務整理の現場に立ち会ったりしたこともあるでしょうが、彼らは、それが専門ではありません。

よって、自ら知識を吸収し、実際の解決策に繋げる動きは全く必要ありません。
彼らの仕事は、裁判を進行させることです。

警察の場合、借金の減少に詳しい訳がありません。
彼らの仕事は治安を守ること。

もし、悪徳金融業者が善良な市民を傷めつけ、それが事件となれば彼らは、警察力を行使して事件の解決に臨むでしょうが、これは、借金の減少方法とは全く関係がありません。

回答3

完済経験保有者と回答された方。

おそらく、本やインターネットでそのような方々の経験談をお読みになったのではないでしょうか?
「わたしはこれで借金を減らした〜」などのようなものです。
確かに、これらは借金を減らすヒントにはなります。

しかし、体験談とはその本人の場合に限られたもので、実際に皆さんに当てはまる状況かは疑わしいといえます。

必ずしもそのとおり実行すれば上手くいくものではありません。
完璧なものではないことを十分に理解しておくことが必要です。

回答4

弁護士と司法書士を選択された方。
ズバリ言えば、ハズレです。

しかし、あなたは世間一般に浸透した正しい知識の持ち主と言えます。

確かに、貯まりにたまった借金を解決するには、破産、民事再生法、任意整理、過払い金返還請求、特定調停などいわゆる債務整理と呼ばれる方法をとらざるをえません。
そして、それは、弁護士や簡易裁判所での資格を得た司法書士を、貸し手である業者との間に介入させて債務整理することが常識です。

その点を考えれば、弁護士や司法書士は、借金を減らす方法を知り尽くしていると考えてしまうのも無理はありません。
しかし、現実問題を言えば、金貸し業者の裏側を知り尽くしている弁護士や、司法書士は少ないです。

債務整理を専門に、何十年とやってきている人は別として、法律のプロとして、全体の中の一つの業務として債券整理をしている法律家には金貸し事情の奥深い仕組み、打破法はあまり知られていないようです

正解

さて、以下問題の正解をお伝えいたしましょう。

自己破産について

Q.「借金を減らす方法を最も知っているのはこの中で誰でしょう?」

1.弁護士 2.司法書士 3.各地方自治体に配置された相談員 4.貸し手側 5.完済経験保有者 6.裁判官 7.警察

正解はズバリ

「金貸し業者」です。

金貸し業者の借金に対する知識は、はっきりいって、弁護士などとは比べものにならないぐらい豊富です。

それは何故でしょう?
簡単な事です。

金貸し業者は実際に、思いもよらない方法で借金を減らされたり、ゼロにされたりした経験を持ち、それを事実として理解しているからです。

債権者が借金を減らした数だけ、貸し手側は借金を減らされた事実があるのです。
そしてその事実は、決して外部に漏れてはならない情報なのです。

それが一般に浸透してしまえば、皆が我先にと借金を減少させようと躍起になるでしょう。
そうなってしまえば、貸し手側の利益が圧迫されてしまいます。

だからこそ、効果的な借金の減らし方は、貸し手側でストップするのです。
借金を減らす全ての方法・事案を知っているのは、貸し手側です。

それは、彼らが彼ら自身を守る手段でもあるのです。

あなたは、今日、ツイています。
今からご紹介する「借金を減らせる方法」は、何を隠そう、貸し手側が語る極秘情報なのです。

元金貸し業者が語る「私はこうやって借金を踏み倒された」

みなさん、こんにちは。
私は、大治田 優と申します。

元々は消費者金融など、いわゆる金貸し業界に所属しておりました。
現在では、その経験を活かして、フリーランスとして借金返済コンサルタントをしております。

先程のクイズで既にご理解頂けたと思いますが、借金を減少させる方法を最もよく知るのは、何を隠そう、貸し手側以外にありえません。
今回は、私自信が経験した実例や、そこから見えてきた借金を減少させる方法論を、皆さまにお伝えしたいと思います。

しかし、この手の話は専門的な知識や用語も多いので本気でお話しすると、とても大きく時間がかかります。
なので、今回は、お忙しいあなたの為に、なるべく手短にかつ、理解を深めやすいようにお話しようと思います。

準備はよろしいでしょうか?
はい。

では、まず借金返済に関する、ちょっとした間違い探し問題を解いて頂き、その理解を深めて頂ければと思います。

間違い探し

全て、あなたに当てはめて考えてみましょう。

あなたは多方面から借金を抱え、日々の稼ぎからその返済に充てているとします。
もう返済を続けて6年を経過しました。
6年間も、本来使えるお金を使わず、ただ純粋に昔作ってしまった借金の返済に充てています。
あなたの労働は、借金返済というベクトル以外持っていません。

しかし、堅実に払い続けるあなたの借金は払っても、払っても無くなりません。
何故ならそれは、貸し手側が巧妙に仕組んだ利子マジックの迷宮に入り込んでしまっているからです。

もちろん、このことはご存知ですよね?


念のために説明いたしますが、あなたがここで返しているのは、借金ではなく、金貸し業者がうまい汁を吸うための、利益です。
金貸し業者に、自ら喜んで献金しているも同じです。

考えてみてください、300万円借りたら年利28%で、年84万円の利子。
月に、7万円の利子を最低払う必要があります。そして、追加して払うのが元金の返済。

これを月3万円払うとしましょう。年間36万円の返済をするのです。
どうでしょう?
あなたの借金、減ってますか?

この1年間であなたが減らせる借金はわずか36万円なのです。
おかしいですよね、あなたは年間120万円も返済にあてているというのに・・・

これが利子という名のトリックです。
ではそのトリックが分かったあなた、これでは全くらちがあきません。
急いで対策を考える必要があります!

1.破産

2.逃亡


3.他の金貸し業者から返済分を借りる

4.合法的に債務額を減少させる


如何でしょうか?簡単すぎたでしょうか?
絶対にしてはならないこと。
それが、

2.逃亡

3.他の金貸し業者から返済分を借りる

です。

まず、「逃亡」
これは論外です。
もし、逃亡中に訴訟を起こされ、裁判所からの呼び出しがかかったとしましょう。
それに応えなかったあなたは、法的に訴訟側の要望を飲む必要性が発生し、今よりも、状況が悪化する事でしょう。

そして、よくあるのが「他の金貸し業者から返済分を借りる」
これは全く意味がありません。
借金を借金で消すなど、その場しのぎでしかありません。
むしろ、借金を増やすことも考えられます。

例えば、もともと300万円を借りていたお金を一括で返済するにしても、利子が年28%であれば、返済額は384万円になるとします。

という事は、その返済額を他社金融業者から借り入れると今度はその金融業者に、384万円+利子を乗せて返す必要が出てきます。

考えてみてください。
もともと300万円だったあなたの借入金がこれだけで84万円も膨らんでいます。

さらに、利子が年20%であったら、年間約76万円を利子として返済する必要が出てきます。

つまり、あなたが他社から借り入れたお金を借金の返済に充てた時、このケースで考えると、
384万円+76万円=460万円
なんと、160万円も膨れ上がっているのです。

「他の金貸し業者から返済分を借りる」
これは、安易に考えないで頂きたい選択肢です。

では次に

1.破産

これは、弁護士や司法書士に行けば、結構提案される内容でもありますし、メディアやマスコミが、借金=破産といった印象を強めた情報を流していることもあり、世間一般では、ある意味受け入れやすくなった言葉なのかもしれません。

また、相談所や簡易裁判所でも、破産を勧められる事も多いようです。
しかし、破産はそんなに甘くありません。

あなたの経歴に、この2文字があるだけで、この先どれ程、不都合な事が増えるか、よく考えてみる必要があります。

そして、あなたが思っている以上に破産をしなくても借金を減らす方法が存在するのです。

となると、最終的に残るのは

4.合法的に債務額を減少させる

こちらになります。
(その方法が分からないんだよ!)

では、その方法をお教え致しましょう。

借金を踏み倒した塗装業経営者K氏の話

実際に、実例をお出しした方が分かりやすいと思います。

過去に私が金融側だった時に実際お会いして、その後の私の人生を変えることになった、お客さんのお話です。

塗装業を営むKさん。彼は、7社からの借り入れがあり、合計借金額は469万円に達していました。

しかし、彼はまじめに返済を続けていました。
きっちり、期日までに決まった返済額を振り込んできておりました。

なぜ、そんな真面目なKさんに、借金ができたかというと、過去2年間にわたる、闘病生活と、それによる業績の低下です。
個人で一本立ちされている方にとって、切実な問題は、健康維持です。

自己破産、実例紹介

彼は、度重なるハードワークで、その健康を失い、腰と気管支を悪くしてしまったのです。
今までにこなせていた仕事の量は、およそ3分の1以下になり、併せて、所得も3分の1以下になりました。そして、今まで全く縁がなかった医療費との出会い。

少ない所得の中から、容赦なく医療費が削り取られて行きました。
仕方ありません、健康が回復しないことには、この先働いて行く事が出来ません。
そして、貯金が底をついた頃、彼は親族を頼り、借金しました。

親族も事情を理解し、快くその依頼を引き受けました。
しかし、彼の親族はそんなに豊かではありませんでした。
Kさんが3か月程、暮らせるお金にはなりましたが、彼はそれ以降のメドも立てる必要が出てきました。


次に友人を頼ります。

1か月程度のお金にしかなりません。
それもそのはず、彼らだって生活は厳しいのです。
貸してもらえただけでも幸運と思うべきです。
そうこうしているあいだに、手を出したのが消費者金融でした。

最初は50万円、
次に違うところで40万円
また違うところで20万円

など、

借金の恐ろしいところは、一度借りる事に慣れてしまうと、あとはATMからまるで自分のお金を引き出しているかのように錯覚してしまう事です。
これが借金のマジックです。

健康が回復し、通常通り業務ができるようになった数ヶ月後、彼の借金は400万円以上に膨らんでいました。返済生活のスタートです。

彼は、それまで以上に働きました。
徹底的に汗水たらして働きました。
しかし、借金は、一向に減る気配がありません。

なぜなら、毎月返済できる額は、利子分と、すずめの涙ていどの元金返済分だからです。
彼には、育ち盛りの娘がいます。
休憩している暇なんてありません。

人一倍働いて、借金を返済して、きっちり娘さんを育てる必要があるのです。

彼は、私がこの会社に入社したころからのお客様。
当時、私が知っているだけで、もう12年以上も支払いを続けているのです。

貸し手側にとっては、良いお客様でしかありません。
甘い汁を落としてくれる、お客様でしかありません。

運命を変えた電話

・・・・ある日曜日の晩、私の携帯にKさんから電話が掛ってきました。

Kさん

「大治田さん、お休みのとこ申し訳ない。ちょっと相談いいかい?」

私

「どうも!いかが致しましたか?」

Kさん

「あのね、最近テレビで知ったんだけど、僕の借金、実は払わなくていいんじゃないの?」

私

「どういう事でしょうか?おっしゃる意味が分かりません」

Kさん

「その番組を録画したんだけど、借金の有名な先生がこんなこと言ってるよ」

・・・七年以上の返済期間がある場合には、まず過払いが発生しています。
そうなると、利息制限法による引きなおし債務はゼロになります。
そして、過払い金請求権が存在します。

Kさん

「僕、支払して12年だよね?これってどうなの?お金も貰えるの?」

・・・私は観念せざるを得なくなりました。

私

「Kさん。実はね、僕は前からこの事を、知ってましたよ」
「会社の人もみんな、知ってました。」
「でもね、その解決方法を敢えて伏せるのが現在の金融会社なんです」

Kさん

「どういうことだよ!!俺の今までの苦労はなんだったんだよ!!!」
「おまえら!詐欺かよ!!ふざけんな!」
「おれはこの12年間、借金のおかげで娘にろくなもん食わしてやってないんだよ!!」

・・・グサリと刺さる一言でした。電話越しからでもわかりました。
Kさんは、あまりのショックに悔し涙が止まらないようです、普段、温厚なKさんを知っている分、私の心は痛みました。
そして、前々から悩んでいた私の気持に決心をつける事ができました。

私

「Kさん。これはね、詐欺ではないんです。合法なんですよ。」
「実はね、私も悩んでました。」
「決心するかどうかを悩んでました・・・・」

Kさん

「なにがだ!!!この詐欺師!」

私

「この件について、すべてをKさんにお伝えしましょう。」
「そして、同時に私は、この業界から足を洗います。」
「私だってこんな思いするの、もうこりごりです。」

次の日、私はKさんと面会を取り、全ての事実をKさんに伝え、その具体的な解決策を教えました。
そして、その次の日、私は会社を辞めました。

貸金業界に対する不満、不安、葛藤、3年以上悩み続けていた結果です。

Kさんはその後、私の言ったとおり実行し借金をなくし、金融会社から過払い金をゲットして、とうとう借金生活から解放されました。そして、その後、Kさんからお礼という形で食事をごちそうを頂く機会がありました。

Kさんの顔から、今までにあった「暗さ」が無くなっている事を感じました。
そして、明るく満面の笑みで私に「ありがとう、ありがとう」と言い続けました。

不思議なものです。
今までだまし込んでいた私に、そんな感謝するなんて。
しかし、確実に私の心の中で、何かが生まれ変わっていました。

3つのキーワードですら知らない

もしかしたら、この時点で皆さんお気づきかもしれせんが、そうです。
合法的に借金を減少させ、且、お金を取り戻す手段は存在します。
キーワードは先ほどもお伝えいたしましたが、以下の3つになります

自己破産、3つのキーワード

「利息制限法」「週払い金返還請求」「返済期間が七年以上」

この手の情報を、他書籍やインターネットで調べて頂ければ詳細がわかります。
知らなかったあなた。
今すぐ、情報を調べて解決してください。

早急に!

金融市場の法律はものすごいスピードで変化します。
そして、あなたの利子もものすごいスピードで加算されて行きます。
悩む暇があれば調べて、問題解決に臨みましょう。

そうすれば、あなたの借金は見事になくなります。

もちろん私がご説明差し上げる事も可能です。
この手紙の下部に、それに関してご紹介さしあげますが、今、気付いて頂きたいのは、このような事実が世の中にたくさんあるのに皆知らないという事。

そして、そのような事実を知っては入るが実際に、どのように使いこなせば良いかが分からない人が多いという事です。


大治田式、対金貸し業者交渉術

実際に、先ほど説明したような法律を用いた手段は巷に溢れています。
あとは、あなたがそれを勉強して、やるかやらないかの気持ち次第です。

ちなみに、これらはすべて合法であり権利はあなたに存在するので、堂々と、やりとりされる事をお勧め致します。

しかし、みなさんあまり実践されないのが現状のようです。
もしくは実践されても、訳が分からず失敗されている事もよくお伺いします。
なぜでしょうか?

それは、それら知識の使い方が分からないからです。
実際に知識を頭に詰め込んで、金貸し業者に電話をしたとします。
あなたのやりたいことは、「利息制限法」を利用して、債務(借金)をゼロにする事です。

さて、電話をかけます・・・
・・・プルルルル、プルルルル、

ちょっとお待ちください!
あなたはどのようなトークで相手を説得するつもりですか??

これも貸し手側にいた経験から分かる事ですが、覚悟して下さい、向こうも本気で立ち向かってきます。
貸し手側から言えば、いくら法律とは言え今まで順当に上げてきた利益を失いたくないでしょう。
むろん、法的な正当性はあなたにあるので和解といった形で、色々な提案や疑問を投げつけてくるでしょう。

その判断をあなたにできますか?
はっきりいいます。
90%ムリでしょう。

しかしご安心下さい。

大治田が今回お教えする、借金減少の方法とは今までお伝えした、巷に出回る有益な情報に加えて

その情報をどう使うか?

○○できる条件の人とは?

任せる弁護士や司法書士はどうやって選別するか?

弁護士や司法書士を使わず、個人で解決する方法とは?

和解の費用を電話代程度に抑える方法とは?

交渉トークの具体的な事例

貸し手側の心理状態をコントロールするには?

パワーバランスを優位に持ってくる方法

たった1通の手紙で借金をチャラにする方法

悪徳業者への具体的対応方法

など、非常に実践的な活用方法をお教え致します。

私がお伝えする情報は、巷のエセ借金コンサルタントが配布する情報とは違います。
情報プラス、その使い方までをもお教えする代物です。

あなたにさえやる気があれば、この本を読んだ日からでも実践の一歩を踏み出す事が出来るでしょう。

限定します

今回、私が皆様にお伝えする情報は、配布人数を限定します。
それは何故か?

それは助けたい人を、選びたいからです。
だれでも助けるつもりは、正直ありません。

私は、最初、貸し手側の考え方や価値観に対して嫌気がさし、その業界から足を洗い、逆に、借金で困った人にアドバイスをする仕事を始めましたがそこでまた、あらたな壁にぶつかったのです。

それは、いままで見ていたタイプとは異なる債務者の存在です。

特に最近の若者に多いですが、彼らは、お金を借りるという事に対しての慎重性が薄く、借りたお金をくだらない遊びに全て使い、その後はまったく、返そうとも考えていません。

自己破産をまるで、ゲームのリセットのように考えているようです。
借金とは、貸す側もしっかりとした説明と誠意が必要ですが、借りる側も、必ず責任をもって返済する意気込みが必要です。
借金とは、小遣いの前借でもなく、給料の前借でもありません。

私が持つ情報やノウハウは、貸し手側が隠し持つ、外部に広がられては困る情報です。

もし、そのような情報が、このような無責任な人々に渡ってしまったら、まっとうな経営を心掛けている金融会社までが被害を蒙る事になるかもしれません。

私は、やむをえない事情で借金苦に陥った方、努力を持って、返済に臨んでいる方の味方になりたい。
そして、そのような姿勢を持ちながらも心無い貸金業者に苦しんでいる人の力になりたい。
だからこそ、ハードルを定めました。

今回、私がみなさまにお伝えする
「借金を合法的に減少、もしくはゼロにして、収益を得てしまう方法」ですが。
入手して頂くにあたって、17,500円を頂戴いたします。

逆にいえば、17,500円払ってでもこの情報が要ると判断出来た方には間違いなく、効果覿面でしょう。

借金苦にあえいでいる方に、17,500円の買い物は、厳しいかもしれません。
しかし、どちらにせよ、借金苦に悩むあなたは、いずれ、これ以上の節制を迫られる事でしょう。

その時に、この情報がまだ存在しているでしょうか?
そんざいしていても、購入する余裕があるでしょうか?

私が、有料というハードルを設けたのも、まさに狙いはここです。
あなたは、この情報を、今しか買う事が出来ないのです。
逆にいえば、今すぐ、買うべきなのです。

そして私は、今すぐ、あなたを救いたいのです。

厳しい状況の中お金を使う事は本当に大変だと思います。
しかし、この機会に是非、返済額の減少に向けて、本気になってもらいた。

その気持ちと、この情報があれば、あなたは必ず借金苦から解放され、日々を豊かに、余裕を持って過ごす事が可能になるでしょう。

知っていますか?
借金が無くなると、あなたの顔が2倍美しく輝くという事を。


借金を減らすのは今しかない

残り28名で販売を中止致します

現役コンサルタントのサポート機能

本情報をお求めになられた皆様には、私、大治田より無料のメールサポートをさせて頂きます。

借金という特徴上、分からない法律上の考え方や、専門用語などたくさん出てくるかと思われます。
みなさまがご納得いくまで、問題解決のお手伝いをさせて頂ければと思います。
詳しくは、お買い上げいただいた情報マニュアルをご覧ください。

返金制度

お買い上げいただいた情報マニュアルに記載の解決法を全て試された上で、万が一、効果が無いケースが出ましたら、私までメールください。借金が解決できないことを確認次第、迅速に銀行振込にて全額のご返金をします。

まずそのような事はあり得ませんが、貸金法の状況は刻一刻と変化しております。
そのような事態に見舞われても、私はあなたの信頼を裏切りるつもりはありません。

お祝い金制度

既にお買い上げいただいた皆様より、続々と成功の報告を頂いております。
ありがとうございます!
プライバシーの都合により、すべてはお見せ出来ませんが是非、皆さまにご紹介差し上げたいと思います。

また、このように成功された皆様には、我々の気持ちとして、お買い上げ頂いた金額より一部をお祝い金として、お客様にプレゼントするように致しました。

成功された暁には、是非ともご連絡ください!

喜びの声

T.Tさん 42歳 自営業 東京都

大治田先生、本当にありがとうございます。
一家の危機、そして会社の危機を救ったのは、まさにこの本との出会いでした。
正直、私も返済方法に関しては自分でいろいろ調べてたので、知識ついては、他の人よりもある方でした。

しかし、やる気がどうもおこらない状況でした。
それは、私に根性と、根気が無いからです。
さらに、私は、昔から人と話すのが苦手で、弁護士にしろ、貸金業者と話をするにしろ今までは、すべて相手の言いなりでした。

でも、この情報マニュアルを買ってから、全ては変わりました。
相手の考えが読めるし、私の思ったとおりに事が運んでくれます。
世間一般では、借金返済方法の「知識」や「方法」ばかり販売されてますが、このマニュアルは、実際に使えるトークや、心理戦など、既存のものより、さらに上を行ったものだと思っています。

先生、本当にありがとう。
もう二度と、借金はしません家族を大切にして、規則正しい生活と、健全な経営を心掛けます。

S.Kさん 26歳 会社員 東京都

今思えば地獄でした。
こう、過去を振り返られるのも、大治田先生のおかげです。
本当にありがとうございます。
恥ずかしい事に、キャバクラにはまってしまい、いつの間にやら借金が120万円。
絶対はまらないと思っていたのですが、人間の欲望って怖いですね。
本当に、バカでした。

先生にお叱り頂いた事は今でも、深く覚えています。
何度もメールサポートで質問に答えて頂いた事も、本当に感謝です。ありがとうございます。
私は、本当に借金の怖さを知りました。
今でも業者から電話が掛ってくるんじゃないかとドキドキしてしまう事があります。

立ち直れた今、本当に幸せで一杯です。
これからも、多くの人を助けてあげてください。


借金を減らすのは今しかない


▲トップへ戻る

Copyright(C) 2007〜2008 自己破産はまだ早い!! . All Rights Reserved.